【自分の時間が足りない!!】その悩み見える化すると改善します。

スポンサーリンク

 

自分のやりたいことが全然できない…((+_+))

 

どうもヒロりんです。

自分には本業があります。また仕事から帰ってきても育児があり、なかなか自分の時間がありませんでした。

その中でも色々としたいことがあるのです。ブログを書いたり、読書をしたり、SNSを確認したり…。

そんな時に『時間の見える化』をすることで自分の時間がどれくらい確保できるかを認識することができたのです。

その方法について記事にしていきます。

 

時間の見える化をしよう

まず1日のタイムスケジュール書き出そう

まず自分がどれぐらいの時間を持っているかを見える化する必要があります。

その方法として1日の流れを手帳に書き出すことをおススメします。特にお勧めするのはバーチカルタイプの手帳です。

上の画像のように時間ごとにタイムスケジュールを組むことが出来るからです。

始めに起床時間と睡眠時間に赤のラインを引きます。そして基本となる行動を書いていきます。例えば食事の時間や通勤時間、仕事の時間、子供のお迎えの時間などです。変更することは難しい内容のものとしておきます。

例えば、睡眠時間が7時間とします。仕事の時間(通勤時間も含む)が10時間、食事やお風呂、育児のことなどを5時間とすると自由な時間は2時間程度となります。

 

やりたいことを時間に入れ込んでみる

先ほどの2時間に自分のやりたいことを入れ込んでいきます。

自分の場合では、ブログを書きたい、読書をしたい、ウエイトトレーニングをしたい、YouTubeをみたい、などの欲望があります。

その2時間では到底行えるはずもありません。なので優先順位をつけて行うようにしています。

このように見える化することで、自分の時間がどのように使われているかが鮮明にわかります。

 

時間の調整をしてみよう

自分の場合はブログの毎日更新をしているので、今まで通りの生活をしていれば絶対に毎日ブログを更新することは不可能です。

自分のスケジュールでどこかを削る必要が出てきます。

自分の場合は睡眠時間を削るようにしました。普段は10時に寝て6時頃に起きていたので、11時頃に寝て5時ごろに起きるようにしました。

これでプラス2時間の自分の時間が確保できました。

始めは睡眠時間が短くなったことで昼間に眠たくなり集中力が持続できないこともありまましたが、2か月程継続すれば身体が慣れてきました。

 

時短アイテムを購入してみる

日々生活している中で人間が行わなくても機械が行ってくれる家事があります。

例えば、ルンバや食洗器、乾燥機能付きの洗濯機などです。各々の価格は8万~10万円程となっています。

もし乾燥機能付きの洗濯機を購入したとします。価格は10万円です。その価格だけをみれば高価な買い物となります。

ですが5年間故障もなく毎日稼働してくれたとします。1年で2万円、1日でいうと27円程度です。

これで自分の時間が確保できるなら安い買い物ともいえると思います。毎日コーヒーを2杯飲んでいるとしたら、それを1杯にすると27円は浮きます。

このように文明の利器に頼るのも良いと思います。

 

最後に

自分の家庭は共働きでありお互いに家事をして、育児もしています。

自分だけが、家事や育児をしなければならないというわけではないのでお互いに支えあっている状況です。

なので、パートナーに頼れるところは頼ってもいいんじゃないかなと思います。

そして自分の自由時間を確保してください。精神安定上それが1番だと思います。

ではまた明日。

 

スポンサーリンク

-ビジネス関係, 子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5