やりがいのある仕事ってどんな仕事?やりがいのある仕事の見つけ方

スポンサーリンク

どうもヒロりんです。

自分は看護師をしていますが、それなりにやりがいを感じて仕事をしています。

ですが、世の中でやりがいを感じて仕事をしている人は30%ほどだそうです。ということは3人に2人はお金のためであったり、この仕事しかないからという理由ではたらいていることになります。

そんな中自分がやりがいを感じている根拠はどこにあるのかを探ってみました。

 

そもそもやりがいのある仕事って?

一般的にやりがいを感じることの仕事として達成感が感じられ、自己成長にもつながるものであると思います。そこに社会貢献ができていたり、自分の趣味の延長線上にその仕事があるなどです。

ここに給料も高ければいいのですが、なかなかそうはいかないことも多いです。むしろ給料を度返しにしてやりがいのある仕事をしている人に、給料を上げたり、ボーナスを上げることで逆にやる気を損なうパターンもあるようです。

このような研究をした研究者たちは「金銭的な理由で行っているわけではないことにに金銭を介入させると進んでものごとを行おうとする意欲を減退させてしまう」と述べています。

このように「給料がいい」という理由はモチベーションにはつながっているかもしれませんが、やりがいとはまた違ったものかなと思います。

 

やりがいのある仕事の見つけ方

①その仕事をしている自分が好きか

1つ目としてはその仕事をしている自分のことを好きになれるかです。別の言い方をするならば、自分に素直になれているかとも言えます。

自分は看護師として働いている自分が好きです。なぜなら、患者さんと触れ合う中で、少しづつ元気になっていく姿をみることができるからです。

それには看護師として自分がどのように関わっていくかが大切になってきます。看護師の1つ1つの行動が患者さんの命と直結していることもあるからです。このように自分の看護により、患者さんを元気にできることは喜びとなっています。

ただ看護という仕事は人の死とも向き合う必要があります。この時は家族に寄り添い、出来る限りの要望に応えるようにしています。それにより患者さん、家族にとって満足のいく最後に携わっています。これにより家族から感謝の言葉をいただいたりすることもあります。

このように自分の長所でもある、誰かを思いやるい持ちを活かして仕事ができていることは、自分に素直に生きていることができており、満足度も高いのです。

 

②自己成長につながるか

2つ目に自己の成長につながっているかが大切になってきます。

働き始めは覚えることも多く、ストレスを感じながら仕事をしていたと思います。ですが、ある程度おなじ職場で働いていると慣れが生じてきます。そうすると新たなことを学ばなくても一定の働きは出来るのです。ここで止まってしまうと徐々にやりがいが感じられにくくなります。

そうならないためにも新たなことに挑戦していくことです。例えば本業で昇進するためにチャレンジすることも良いと思います。他にも副業などに手を出してみるのも良いと思います。

自分としてはこれからの時代は様々なスキルを持ち合わせている人が生き抜いていけると思っています。2050年問題というものを聞いたことがある人もいると思います。この時になれば自分たちは何歳まで働かないといけないかわかりません。

その中で今と同じように働くことは出来ますか?自分は無理だと思います。なので今のうちにいろんなスキルを身につける必要があるのです。

 

③ライフスタイルとマッチしているか

3つ目は今の自分のライフスタイルにマッチしているかです。

これはその時々で変化してくるものであると思います。独身の時と結婚をして子供がいる時期とでは大きくライフスタイルが異なってきます。

子供が小さい頃は、家庭での時間を増やしたいと考えるのであれば、時間外労働が少なく、ある程度の休日は確保されているところが良いなどがあります。逆に子供手が離れ、仕事に邁進したい気持ちやキャリアアップを目指したいときに職場の環境がどうであるかも考えなくてはいけません。

このように自分のキャリアとライフスタイルがマッチしていることが重要となってきます。自分のライフスタイルはある程度は想像しやすいものなので、それに応じてキャリアを考えられる職業なのかを考えていくのも良いと思います。

 

最後に

やりがいのある仕事に出会うのは、そう簡単なことではないかもしれません。

ですが、今の仕事が天職でやりがいのある仕事なのかもしれません。今は気付いていないだけで。

ではまた明日。ばいばい。

スポンサーリンク

-ビジネス関係

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5