【こんな夜勤はイヤだ…】トラブル続きの夜勤で心が折れる

スポンサーリンク

夜勤がイヤになってきているヒロです。

ボクは看護師をしているので、夜勤という勤務があります。

やっぱりそんな時は色んなことが起こります。

だいたい予想できることから予想もしないことなど…。

久しぶりにこんな夜勤二度としたくないという

夜勤を体験したので記事にしていきます。

トラブル続きの夜勤…

スタッフが来ない

モデル, 時間, 女, フィクション, 概念, ファッション, デザイン, 美術, 美容, ドレス, 人

夜勤の開始は16:30です。

なので、大体30分前には病棟に着いて

情報収集するスタッフが多い。

でも昨日は1名のスタッフが16時を過ぎても来ない…

どうしたのかと心配になっていると、電話が。

なんと

道端で知り合いのおばあさんが倒れていて、救急車に同乗しないとけないとのこと。

それは仕方ないと。

そのスタッフが受け持つ患者を他のスタッフで割り振り勤務を開始することになりました。

14年間看護師をしていますが、初めての経験でした。

その心優しきスタッフは19時頃には舞い戻ってきてくれました。

患者さんの転倒

落下, イースター, 混乱, イースターバスケット, 子ども, 転ぶ, 男の子, 可愛い, 幼児, バネ

病棟で勤務していると、転倒はつきものです。

認知症の患者さんの転倒が1番多い。

でも今回はノーマークであった、認知症もない患者さん。

夜中にトイレに行こうとして、こけてしまい頭を打った拍子に

おでこを1㎝ほど切ってしまい出血

当直の先生にみてもらい、処置をしました。

大事には至らず良かったですが、

なぜ事故に至ったのかを書かないといけなかったので

余計な業務が増えてしまいました。

患者さんの急変

女性, 体, 痛み, パジャマ, 不快感, 休み, 病気, 人間, 人

人の命を預かっている仕事であるので

急変はつきものです。

でも、ほとんどは1回の夜勤について1名の急変ぐらい。

それが今回の夜勤は2回の急変プラス緊急入院

イベントが盛りだくさんであったのです。

しかも、新人のスタッフが初めての夜勤であったので

そこに指導もプラスされお腹がいっぱいの状態。

仮眠もとれずで大変でした…。

朝には誤薬

タブレット, カクテル グラス, 医学, 錠剤, 健康, 薬物, 薬, 3 D

あともう少しで夜勤も終わりに近づいた朝の薬配り

すると、1人の患者さんの薬がない!!

まさかと思い確認していると、誤薬が発覚

誤薬したのが、便を柔らかくする薬であったため大きな処置はなし。

ただ患者さんの家族への報告をし、

師長にも報告をして、しっかりと絞られました

弱り目に祟り目とはこのことですね。

最後に

こんなにトラブル続きの夜勤はそうは経験ありません。

夜勤手当が1万2千円なので、この苦労に見合っているのか…と思っちゃいます。

でも、これも仕事です。

頑張っていきます。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-看護

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5