【妻が鬱になりまして…】命にピリオドを…!?これからの生活が不安過ぎる

スポンサーリンク

これからの生活が不安に思っているヒロです。

実は妊婦の妻が鬱傾向になってきているのです。

なぜそんなことが起こったのかと言うと、お腹の赤ちゃんの性別が引き金となりました。

ここに至った経緯とここ数日の妻の状況などについて書いていきます。

なぜ鬱傾向になったのか?

秋, ドロップ, うつ病, 孤独感, のみ, 抑うつ, ヘア, 自殺, 美しい, 心理学, 肖像画, 女

事の発端は1か月前の16週目の妊婦検診です。

その時にお腹の中の赤ちゃんの性別が「男の子かも」と言われたのです。

我が家には5歳の長男、3歳の次男がいます。

なので妻は女の子を熱望していたのです。

次男が産まれたあと、産み分けを必死のパッチで頑張りました。

そして産み分けをしたて1年半が経過した時に妊娠が発覚したのです。

ボクも妻も女の子ではないかと勝手に思い込んでいました。

そこでの16週目の先生の発言に絶句でした…。

でも、まだ女の子の可能性もあるとのことで1か月何とか乗り切ってきました。

そして数日前の20週目の検診でほぼほぼ男の子で間違いないとなったのです。

そこから妻の鬱症状が姿を現しだしたのです。

どんな症状なのか?

女性, 立っている, 石, 水, 立っている女性, 肖像画, だけで, 悲しい, うつ病, 意気消沈した

異変が起こったのは、数日前の検診に行った日の夜のこと…

夜中の2時ごろに急に「息ができない、息ができない」と妻が言い出したのです。

その声にボクも目覚めて、リビングに行くことに。

そこでも、急に泣き出したり、「早く楽になりたい。この子と一緒に消え去ってしまいたい

と言い出したのです。

否定をすることなく、1時間ほど話を聞いていると落ち着いたのかまた寝室へと向かいました。

それで治まるわけもなく、次の日も子供たちを幼稚園に送ってからずっと鬱でした。

終始ため息をついては、泣いての繰り返しです。

終いにはボクも病んでしまいそうです。

でも妻の賢いのは、子どもたちにはできるだけそんな姿を見せないように努力しているところです。

まぁ子たちは何も悪くないですからね。

これからの生活が不安…

恐怖, 感情, 不安, 悲しみ, 怖い, 10 代, 感情的です, 人, 女性, 懸念, うつ病, 女の子

妻はあまり挫折を味わったことがないため、逆境に弱い部分があります。

なのでこれから、3人目が男の子であったと周囲の人に言うたびに返ってくる一言一言に傷ついていくのです。

恐らくある程度は時間が解決してくれるとは思います。

でも女の子が我が家にやってくるまでは、妻を苦しめていくのだろうと思います。

4人目も視野には入れていますが、その子自身も女の子の確証はありません。

どうすればいいのかわかりませんが、とにかく今は妻の精神状態を落ち着かせるために精一杯やるしかない。

暗く長いトンネルですが、いつか出口があると信じて。

最後に

妻が精神的に不安定になってからまだ2日ほどです。

これから、どんなことが待ち受けているのかすごく不安ですがみんなで乗り越えていこうと思います。

ではまた明日、バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5