【嬉しいような悲しいような…】嘘のつき方で息子の成長を実感する

スポンサーリンク

息子の成長を感じたヒロです。

先日、5歳の長男が堂々と嘘をついてきたのです。

でも嘘の内容が面白かった。

嘘とバレバレなのに白を切る息子が愛らしいこと。

どのようなウソであったのか?

また、どう成長したのかブログに書いていきます。

どのような嘘だったのか?

警察, 犯罪現場, 殺人事件, フォレンジック, ミニチュア, 文字, ミニチュアフィギュア, 検索の糸口

その嘘をつく要因となった事件とは

朝ご飯を食べている途中に

長男がトイレへ走っていきました。

そして、トイレが終わりまたご飯を食べようとすると

またトイレへ行ったのです。

何をしているのか?と思っていると

パンツを持った長男。

「パンツにうんこ付いてる」というのです。

どうしてついているのか確認すると、

「トイレでうんこしようと思ったらパンツに付いてた」

というのです。

そんな訳がないと思い、もう一度確認したのですが

「うんこしてないのに、うんこ付いてたんやって!!」と

それで白を切ろうとする長男に笑いそうになりました。

よくよく話を聞いてみると

トイレ後におしりを拭いていなかったとのことでした。

少し前ならすぐに素直に認めていたのにと思いました。

どのような成長を感じたのか?

投資, 概念, 仕事, ファイナンス, 成長, 植物, お金, 富, 育つ, 緑, コイン, 成功, 木

今までは、ウソをついてもすぐに認めていました。

でも最近は、強情に自分の意見を通してくるのです。

自己主張ができるようになってきたのは、本当にうれしいのですが

その分面倒くさくなってきたなと感じています。

6歳くらいになってくると、

嘘の種類が増えます。

  • 反抗心からくる嘘
  • 可愛がられたいがための嘘
  • 保身のための嘘
  • 自由にしたいがための嘘

などなどがあります。

こう書いていると、成人してからも同じような嘘があるので

もう思考という部分では

色々と考えることができているんだなと思います。

嘘に対しての対応は?

ボード, 好き, 学校, フェイスブック, チョーク, 書き込み, 社会的ネットワーク, ソーシャルメディア

子どもが嘘をついてきて一番やってはいけないのは

叱ってしまうことです。

そうしてしまうと、意固地になってしまって真実たどり着けません。

それよりもゆっくりと話を聞いてあげることです。

嘘をつく要因になったことは何なのか?

など親がしっかりと考えてあげないといけませんね。

嘘をつかれると腹が立つかもしれませんが、

ゆっくりと関わってあげましょう。

最後に

日々子供たちは成長してくれているなと感じます。

今は手がかかってしょうがない息子たちですが

次第に自分の手から離れていくと思うと

少し悲しいです。

今を楽しんでいきたいと思います。

ではまた明日。バイバイ。

スポンサーリンク

-子育て

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5