【鬱って身近にあるもの】鬱を予防するためにした方が良いこと3つ

スポンサーリンク

異動1か月で本当に病みかけたヒロです。

ここ最近、本当に無気力で仕事の日の朝になるとベッドから出るのが本当に億劫になっています。

これはおかしいぞと「鬱」で検索してみると、鬱傾向にあるとの診断がありました。

これではヤバいと感じ色々と試してみました。

今日は鬱の症状や、鬱を予防するにはどうしたら良いかについてお届けできたらと思います。

鬱の症状とは

リバプール, マージー川, 思慮深い, じっくり考える, フラット, キャップ

鬱の症状には身体的な症状と精神的な症状があります。

まず身体的な症状としては

  • 食欲不振
  • 下痢、便秘
  • 腹痛、胃の不快感
  • 頭痛
  • 睡眠障害
  • 息をするのがつらい

などが挙げられます。

次に精神症状です。

  • 気分が落ち込む
  • 無気力
  • 悲観的に考える
  • 不安、焦り、イライラ
  • 外見や服装を気にしなくなる

などです。

ボクもいくつもの項目に合致してしまいました。

セルフチェックのサイトもあったので見てみてください。

では次に鬱を予防するためにどうすれば良いかについて書いていきます。

鬱を予防するためにした方がいいこと3つ

身体を動かす

女性, ジョギング, 実行している, 運動, フィットネス, イヤホン, 音楽, サウンド, 携帯電話

自分が試してみて1番はよかったのは身体を動かすことでした。

鬱っぽくなるとどうしても無気力になり、動くのも嫌になりがちです。

でもそんな時に少しでも良いから散歩をしてみるんです。

おススメは朝です。

車などの騒音も少なく、小鳥がチュンチュン鳴いている声などを聞きながらあるいているだけでも心が癒されるのです。

それに「歩いている」という行為そのものが「自分の意志で動いている。誰かの指図では動いていない」となれます。

歩くのに慣れてきたら、次はランニングです。

このランニングは「ランナーズハイ」になると本当に最高です。

全ての嫌なことなどもすべて忘れさせてくれるのです。

身体も健康に精神的にも健康になれる「運動」は控えめに言っても最強だと思います。

思い切って休む

ベッド, 睡眠, 女の子, 眠っています, 寝姿勢, 眠れる女の子, 寝具, 白いシーツ, 疲れて, 枕

鬱になる人って頑張り屋さんが多いと思います。

「誰かの期待に応えないといけない」とか「ここで自分が休むわけにはいかない」とか色々と抱え込んじゃうんですよね。

そんな時は思い言って休んじゃえば良いんです。

ボクも働きだして10年以上が経ちますが、最近ズル休みを始めてしました。

すると少し気分がマシになりました。

つぶれる前に休むということを意識しないとダメだなと思いました。

誰かに相談する

女の子, 女性, 友人, 美しい, カフェ, コーヒー, 笑顔, 若い, 通信, 友情, ミーティング, 会話

ボクは人の相談を聞くことはありますが、自分から話すことは少ないのです。

ですが最近は自分自身が病みかけているので思い切って上司に相談してみました。

すると意外にも親身になって聞いてくれて、時々気にして声をかけてくれるようになりました。

この気にしてくれている人がいるというのが、とても安心材料になるのです。

最後に

鬱を克服するには思いっきり動くことと、誰かに頼ってみることだと思います。

鬱な時だからこそチャレンジしてみましょう。

ではまた明日。バイバイ。

スポンサーリンク

-マインドセット

© 2024 ヒロBLOG Powered by AFFINGER5